泌尿器科

高齢者のみならず、年齢層を問わない泌尿器科の診療を行います

「歳のせい」とあきらめがちな高齢者特有のおしっこ

の悩み相談から、尿路感染症尿路結石などの年齢層

を問わない疾患の、診断・治療を行います。

 

また、症状の乏しい前立腺がんなどに代表される

泌尿器悪性疾患や、他科疾患に至るまで、早期発見

・診断できるよう検査の対応をいたします。

 

※前立腺がん腫瘍マーカー(PSA)などの、がん精査対応

 

性感染症検査等の実施も行っております。

 
疾患によらず、入院や手術などが必要なケースもあるため、
高次医療機関との連携が肝要となります。
当クリニックでの診断ののち、提携医療機関のご紹介や、治療連携を行い、
患者様のより快適な生活へのご助力をしていきます。
 
まずは、ご相談いただければと思います。

なお、ご来院の際は、尿をためてご来院ください。



泌尿器科 写真
●当クリニック内の様子はこちらでご覧ください

泌尿器科の病気


具体的な病気としては以下のものが挙げられます。

頻尿、夜間頻尿、尿失禁、膀胱炎、尿道炎、腎盂腎炎、前立腺炎、
尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石など)、陰嚢水腫、
精巣上体炎、前立腺肥大症過活動膀胱、神経因性膀胱、
性行為感染症(クラミジア感染症、淋菌感染症、尖圭コンジローマなど)
腎細胞がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣腫瘍、
LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群) など


ED(勃起不全)やAGA治療などの対応も行っております。

なお、この治療は自費治療となります。

 

また、健康保険を使わない性病検査も実施しております。医師にご相談ください。

詳しくは、性病検査について(性感染症外来)

こんな悩み、ありませんか?

下記のような症状がありましたら当院ドクターにご相談ください

●排尿に関するお悩み
・トイレが近い(頻尿)
・たびたび夜起きてトイレに行く(夜間頻尿)
・尿が漏れる(尿失禁)
・トイレまで我慢ができない(尿意切迫)
・尿の勢いがない、尿が出にくい(排尿困難)
・尿が出ない(尿閉)
・尿をしてもすっきりしない(残尿感がある)
・尿をする時に痛みがある(排尿時痛)
・尿をした後に痛みがある(排尿後痛)
・尿をする時に血がでる(肉眼的血尿)
・尿検査で陽性(尿潜血・タンパク尿)を指摘された
・尿道や股間の奥(会陰部)に不快感がある
・尿道より分泌物(膿や汁)がでる
・膀胱炎が治らない再発する 等

●男性特有のお悩み
・PSAが高い
・前立腺がんが心配
・前立腺肥大症かどうか調べたい
・陰茎、陰嚢が痛い
・陰茎、陰嚢がかゆい
・陰嚢がはれている
・亀頭、包皮に小さな水泡、イボができる
・包皮、亀頭がさける
・勃起力がなくなった
・勃起が途中でできなくなる
・性交欲の減少
・筋肉が減ってきた(筋肉量の減少)

●その他
・尿に泡が混ざる
・尿が濁っている気がする
・膀胱(膀胱がん)が心配
・泌尿器科の検診を受けたい 等

症状と治療


泌尿器科のいくつかの病気の症状と治療法等をご紹介します。


前立腺肥大症

症状は、尿の回数が多い、残尿感がある、尿が出にくい、尿が間に合わない、尿が漏れるなど。 50才以上になり、上記のような排尿障害があれば早めのご相談をお勧めいたします。

前立腺がん

前立腺がんの患者さんは増加傾向にあります。前立腺肥大症と併存することも多く、前立腺肥大症の症状で見つかることもあります。
前立腺がん腫瘍マーカー(PSA、前立腺特異抗原)という血液検査により、疑いのある方を発見できますので、50歳以上の男性は一度チェックをお勧めいたします。
疑いがある方には、針を用いて細胞診断を行う前立腺生検を提案することがあります。

前立腺炎

前立腺炎は、急性の場合の多くは細菌による感染で、高熱(発熱)や排尿困難、排尿痛や残尿感,頻尿症状を伴います。
抗菌薬の点滴や内服薬で治療します。

急性尿道炎

淋菌性、クラミジア性、細菌性などの違いがありますが、抗菌薬内服で治療します。 最近、抗菌薬が効きにくい淋菌が多く出現していますので、この場合は注射の抗菌薬も交えて治療します。

腎・尿管結石

腎臓でできた結石が細い尿管に落下し、急激に閉塞したために痛みがおこります。結石の大きさや位置によらず激痛となることがあり、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。 結石の診断がついたら、まず痛みを抑えてその後、結石の大きさや位置を検討し、提携医療機関と共に治療方法を検討していきます。

泌尿器科泌尿器科女性泌尿器科内科 いわさ泌尿器科への アクセスはこちら診療時間はこちらお知らせ一覧